独り言

2015年6月15日 月曜日

問い合わせ。

歯の隙間を閉じたい、ダイレクトボンディングやホワイトニング
などの電話での問い合わせは結構多いです。

電話での回答を求める方も多いと思いますが実際は歯科医師が
実際にお口の中を見た上でないときちんとした回答は言えません。

電話では限界があります。しかも電話での対応は受付やアシスタント
の子がします。うちの医院にいる彼女たちもある程度の歯科的な知識は
持ち合わせてますが実際に治療するのは歯科医師になるため詳しい
答えを彼女たちに求めても困ってしまいます。

結構緑区以外の遠方の方も多いのであまり足を運びたくない気持ちも
わかりますが実際に見た上でしかお答えできません。

パソコンの修理や車の査定でも電話口ではだいたいでしか答えれません。
ましてや人間相手の医療なので一人一人全く条件は異なります。
機械の修理や物を扱う仕事ではなく人間を相手の仕事、ましてや
医療なのでいいかげんな事は言えません。

その辺りを理解した上でまずはカウンセリングの予約をお願いします。
予約さえきちんと取ってもらえれば納得されるまできちんと説明しますので
よろしくお願いします。

投稿者 左京山歯科クリニック | 記事URL

2015年5月20日 水曜日

歯科医院で肺炎予防

最近テレビのCMでも肺炎予防をよくみませんか?


確かに肺炎は死因の第3位です。予防接種ももちろん
大事だと思いますが歯科医院でも肺炎の予防ができるって
知ってましたか?

さらに言えばお口の中が歯石や歯垢だらけだと肺炎のリスク
が上がるって知ってましたか??

実は誤嚥性肺炎という言葉があります。誤嚥というのは
間違って飲み込んで気管に入ってしまう事です。
通常は気管に少しでも入ればむせて大丈夫なんですが、高齢者
になると、このむせる力も衰えます。

すなわち気管の中に異物が入ってしまうという事です。
この時にお口の中が歯垢や歯石だらけで汚れていたらどうでしょうか??
お口の中は細菌だらけです。1グラムの歯垢の中には何百億という
細菌がいます。

お口の中は約36度、暗くてジメジメして湿気もあります。
そして常に水分もあり食べ物補給されます。まさに温室。
細菌が繁殖してくれと言わんばかりです。
大腸の中と同じくらいの細菌数です。


もししっかりと歯を磨かなかったらどうなると思いますか??
どんどん歯垢の中の細菌が増えていきます。そんな時に誤嚥を
起こしたらどうなるでしょう??
一緒に口腔内の細菌が気管に入って体力が弱っていれば肺炎
を引きおこします。これが誤嚥性肺炎です。
現に肺炎を起こした人の肺を調べてら通常はいないはずの
口腔内細菌が見つかりなぜだろうと調べたところから
この誤嚥性肺炎が見つかったのです。

お口は人体の入り口です。その入り口が汚れていれば内部も
汚れてしまうのは明白です。予防接種も大切ですが口腔内の
ケアも必要だという事をご理解ください。肺炎球菌の予防接種は
したけれど歯磨きは全然しないでは本末転倒です。

歯科医院で歯周病や虫歯予防もできますが命の予防もできます。

投稿者 左京山歯科クリニック | 記事URL

2015年4月25日 土曜日

妖怪ウォッチメモ

先日長島のアウトレットに行ってきました。
長島のアウトレットにはバンダイのお店がありおもちゃも
売ってます。けっこう妖怪メダルも売ってるので穴場なんです。

今回は妖怪メダル以外に妖怪ウォッチのメモが売っていたので
思わず買ってしまいました。

メモが入っている缶が可愛らしいですよね〜
これにはスタッフも絶賛の嵐。
メモ自体はこんな感じです。

かわいーさらにもっと可愛くなります。

スタッフも気に入っていい感じです。調子に乗って自分の名札も
可愛くしちゃいました。

診療で疲れた時も名札をみて癒されますよ。こまさん可愛いですね。

投稿者 左京山歯科クリニック | 記事URL

お問い合わせ

愛知県名古屋市緑区左京山449

診療時間

休診日:木曜(祝日のある週は診療します)、日曜、祝日
△14:00~17:00