院長ブログ

2015年1月 5日 月曜日

受け口

昨年の11月頃に妻の友人から4歳の子供が受け口だから診てほしいと
言われて診察しました。

診てみると6本の前歯のうち4本が軽度の反対のかみ合わせに
なってます。おそらく永久歯に生え変わっても50%位の確率で
反対のかみ合わせ(受け口)になるから今から治療したほうが
いいよと説明しました。

受け口に関しては様子をみるのはあまり良くありません。
どんどん骨格的に下あごが成長してしまうと手術するしか治せない
場合もあります。

この子のように軽度の場合や年齢が低い場合は簡単に治るケースが
多いのです。
今回はムーシールドというマウスピースを用いて治療することと
しました。

ムーシールドとは夜寝るときだけはめるマウスピースです。

けっこう大きいのでこんなのはめて眠れるのか心配になりますが
子供の場合は大丈夫なことが多いです。初めの1週間位は寝てる間に
吐き出してしまいますがそのうち入れて寝れるようになります。

なんでこれを入れると歯並びが治るのかというと、舌の位置や口の周りの
筋肉のバランスを整えて治るのです。

皆さんが思っている以上に唇や舌の力は強いんです。
ですので乳歯で反対のかみ合わせになる場合は口周りの筋肉の働きの
異常がある場合が多いのでこのムーシールドというマウスピースを入れて
バランスを整えると自然と治っていくのです。

妻の友人の子もきちんと毎晩使っているみたいで今日来てもらったら
2ヶ月でもうすでに歯並びが改善していました。


他にも10人くらいは今までムーシールドを使用しましたがほぼ全員
反対咬合は改善しました。年齢は3歳〜6歳位の子が使用してるケースが
多いです。逆に年齢が上がりすぎるとあまり効果はなくなってきます。
口周りのバランスを整えるよりも成長の方が早くて追いつかない場合が
多いからです。

ですのでこのマウスピースの受け口治療は早ければ早い方が
いいと思います。3歳児検診で指摘されたらまずは歯科医院を
受診しましょう。






投稿者 左京山歯科クリニック

カレンダー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お問い合わせ

愛知県名古屋市緑区左京山449

診療時間

休診日:木曜(祝日のある週は診療します)、日曜、祝日
△14:00~17:00