院長ブログ

2015年2月28日 土曜日

ジルコニアブリッジ

前歯のメタルボンドのブリッジを金属を使わない材料で
やりかえたいと相談がありました。


金属を使わないとなるとジルコニアという材料を使わないとブリッジは
できません。このジルコニアという材料とにかく硬い材料で歯よりも
硬いんです。硬くて壊れにくいのはいいことなのかもしれませんが、
とにかく噛み合わせの調整がシビアな材料というのは間違いありません。

さらに土台も金属の土台でなくグラスファイバーの土台を希望との事で
土台からやりかえました。


治療後がこちら。



色も綺麗にあってるし適合も問題ないと思います。
メタルボンドをはめてる時にあった、歯茎の紫色の部分(いわゆる
メタルタトゥー)も薄くなってきましたね。

近年材料の進歩はめざましいものがあります。
以前入っていたメタルボンドも10年以上もっていて特に不具合は
でなかったそうです。今回入れたジルコニアブリッジも10年以上
もつように入れた後もしっかりとメンテナンスしていきたいと思います。

よくかぶせものはどれくらいもちますか?という質問を受けます。
被せ物はお口の中に入れない状態であれば永遠にもつと思います。

この写真のように飾っておけば何十年と同じ状態でしょう。
しかし口の中で機能させるということは、毎日何十キロ、下手すると
100キロ近くの力が歯にはかかります。冷たいものも飲み、熱い物も
飲み、時にはものすごい酸性の状態になったりもします。
とにかく過酷な状況の中で機能しなければなりません。

年数が経つ中でもしかしたら歯周病などで歯茎が痩せてくるかも
しれません。奥歯がなくなってくるかもしれません。
ブラッシングをしっかりする人、ぜんぜん磨かない人、歯ぎしりが
強い人、食いしばりが強い人など人それぞれ状況は全く違います。

なので一概にどれくらいもつかは言えません。平均的な年数でいえば
保険のブリッジでいえば5〜8年くらいでしょうか。
自費の場合はもう少し長くて10年くらいと思います。

これを長いととるか短いととるかは人次第だとおもいます。
どんな治療にせよ長く持たせるのであれば定期的に歯科医院を受診して
メンテナンスを怠らないのが重要だと考えます。



投稿者 左京山歯科クリニック

カレンダー

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
お問い合わせ

愛知県名古屋市緑区左京山449

診療時間

休診日:木曜(祝日のある週は診療します)、日曜、祝日
△14:00~17:00