院長ブログ

2016年1月 5日 火曜日

永久歯の先天欠損の治療法について



この方の先天欠損の治療方法を考えてみましょう。この方の場合は
乳歯に虫歯治療がしてあり根の吸収が早く始まり揺れてきて
しまったので、もうもたないと判断し抜歯することとしました。

通常1本の歯の欠損の場合に考えれる治療法は
1:ブリッジ
2:インプラント
3:1本義歯
になります。

今回のケースで考えてみると、
ブリッジの場合は問題点が3つあります。
1つは両サイドの健全な歯を削らないといけないということ。
2つ目は保険治療のブリッジだと銀歯にしなければいけない。
3つ目は少し難しいのですが、乳臼歯というのは永久歯よりも
大きいのです。

え!?乳歯って永久歯よりも小さいのではないんですか?と
思われがちですが,この乳臼歯については永久歯よりも乳歯の方が
約2〜3ミリ大きいのです。


この場合にブリッジにしてしまうと通常のブリッジよりも長いブリッジ
になり歯にかかる負担も大きくなったり清掃性が悪くなり二次的な虫歯の
原因にもなります。

インプラントも同じ理由で通常の歯よりも大きい被せ物になるため
清掃性が良くないのでどうかな〜という感じです。
そこで今回注目したのは歯並びです。

よく見ると結構ガタガタした歯並びなんです。歯の並ぶ隙間が
足りないのです。そこで矯正の先生にも相談して歯並びの治療で乳歯を
抜いた隙間を埋めれないか相談したところ可能ということでした。

患者さんと相談したところ、歯も削らずにさらに歯並びも綺麗になるなら
やりたいということで今回は矯正治療で欠損を埋めることとしました。

治療方法はその人によって千差万別です。同じ治療の人はいません。
ですのでその人にあった治療を提案するのが僕らの役目だと思ってます。

乳歯の先天欠損の治療方法は
ブリッジ インプラント 義歯、矯正治療のいずれかを駆使して
治療します。

大事なことは安易に保険のブリッジでいいやと決めないことです。
ブリッジはどうしても両サイドの歯を削ります。
削ったが最後元に戻ることはありません。何年かすると中で虫歯ができるかも
しれません。

ブリッジを否定するわけではありませんが、きちんと自分の歯のことを
考えることが大事です。
自分の治療を理解して治療を受けることが大切です。

どの治療にも利点、欠点があります。
きちんと相談をして最適な治療を受けましょう。

投稿者 左京山歯科クリニック

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
お問い合わせ

愛知県名古屋市緑区左京山449

診療時間

休診日:木曜、日曜、祝日
△14:00~17:00