よくあるご質問

2012年10月23日 火曜日

小学4年生の子供が受け口なのですが治した方がいいのでしょうか??

受け口に関しては早めの治療が必要になってきます。

小学4年生ですと成長期に入ってきて身長もぐんぐん伸びていきます。

それに伴って下あごも成長していきます。


通常ですと下の前歯は上の前歯の内側にあるので成長も抑えられるのですが、

受け口(反対咬合)ですと下の前歯の方が前にあるため抑えがきかなく

どんどん下あごが前に成長していきます。



そのまま放置しておくといわゆる受け口の方特有の顔貌になります。

歯並びを治すのも困難になり外科手術を併用しないといけないケースもあります。



受け口に関しては早めの治療をお勧めします。特に成長期が終わってしまうと

手術の併用になるケースもありますのでお早めに
ご相談ください。

乳歯の時に6本以上の歯の咬みあわせが反対ですと自然治癒するケースは
ごくまれです。遺伝的影響も強いのも特徴です。


投稿者 左京山歯科クリニック | 記事URL

お問い合わせ

愛知県名古屋市緑区左京山449

診療時間

休診日:木曜(祝日のある週は診療します)、日曜、祝日
△14:00~17:00