よくあるご質問

2012年12月22日 土曜日

3歳の子供が受け口なのですがどうすればいいですか??

前歯が6本反対の噛み合わせ(下の歯の方が前)であれば
永久歯に生え変わっても90%の確率でそのまま反対の
噛み合わせになると言われています。

つまり反対咬合(下顎前突)に関してはなるべく早期の
治療が必要なのです。
しかし3歳ですとできる治療も限られます。

小児期の頃にできる反対咬合の治療は「ムーシールド」が
よく使われます。このムーシールドという矯正装置は
取り外し式で夜寝る時だけはめる物です。
口の周りの筋肉の力を利用して装置です。

詳しい説明は担当医にお聞きください。

投稿者 左京山歯科クリニック | 記事URL

お問い合わせ

愛知県名古屋市緑区左京山449

診療時間

休診日:木曜(祝日のある週は診療します)、日曜、祝日
△14:00~17:00