白い詰め物

セラミックインレー

セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。
虫歯治療後などの銀色の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に使用します。セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色に調整できるので、自然な色で美しく仕上げることができます。治療費は、やや高くなりますが、他の金属の詰め物やコンポジットレジン比べ、接着力や耐久性に優れていますので、虫歯を治療した箇所が再び虫歯になってしまうことの可能性が少なく審美性と機能性を兼ね備えた治療法です。

セラミックの種類

オールセラミック
○ メリット× デメリット【特長】
ハイブリットセラミック
○ メリット× デメリット【特長】
ゴールド
○ メリット× デメリット【特長】

セラミックの費用

オールセラミックインレー64,800円   
ハイブリッドセラミックインレー32,400円   
ゴールドインレー64,800円   
※カードもご利用頂けます。

セラミック治療の特徴

セラミック治療は下記のような方におすすめです。

セラミック治療のメリット・デメリット

クラウン(被せ物)とは?

歯の治療により、歯を削ってしまった時に上から被せる人口の歯の事です。
皆さんの聞きなれた言葉で言うと、「差し歯」の事です。

むし歯が大きくたくさん歯を削った場合や、根管治療をした場合にはクラウン(被せ物)で治療をすることが大半ですが場合によっては、インレー(詰め物)で治療する事もあります。

クラウンの種類

保険のクラウン自費のクラウン
中身は金属ですが、目に見える部分はレジン(プラスチック)が使用されており、見た目には遜色ありません。また保険適用なので、安価で安心です。オールセラミック冠見た目が天然の歯と殆ど変らず、キレイな仕上がりなのが特徴で、歯や歯茎の変色も少なく、汚れが付きにくいのも特長となります。金属アレルギーでも心配ありません。
すべてが金属が作成されている、いわゆる一般的な銀歯と呼ばれるものです。前歯から4本目以降の被せ物(クラウン)は、保健適用の場合は全てこ知らで作ります。ハイブリッドセラミック冠自身の天然の歯と殆ど変りません。硬過ぎないので、周囲の歯への影響がほとんどありません。金属アレルギーの方でも使用出来ます。
 メタルボンド中身が金属で表面に陶器(セラミック)を使用したクラウンの事です。見た目がキレイで、殆どの歯に使用できるのがメリット。金属アレルギーでもリスクがほとんどなく使用出来ます。
 ジルコニアクラウン天然の歯の色に近い為、違和感が少ない。ジルコニアは割れにくいので、殆どの部位に使用して頂けます。金属ではないため、アレルギーでも使用できる。
 ゴールドクラウン金属なので、殆どの部位に使用出来、二次むし歯の予防が出来ます。金属の溶け出しがほとんどなく、歯や歯茎の変色もない為安心して使用出来ます。

クラウン治療の費用

ジルコニア129,600円   
オールセラミック108,000円   
メタルボンド91,800円   
ハイブリッド59,400円   
ゴールドクラウン86,400円   
※カードもご利用頂けます。
お問い合わせ

愛知県名古屋市緑区左京山449

診療時間

休診日:木曜(祝日のある週は診療します)、日曜、祝日
△14:00~17:00