クラウン

セラミッククラウンとは・・・

セラミッククラウンは、重度のむし歯や歯が欠けてしまった場合に、歯に被せて治療する方法です。
セラミックでできているので、色調や透明感に優れており、きわめて自然の歯に近いものを再現することができます。
一般的にセラミックといわれるものの中には、フレーム(土台)に金属を使用するものや、セラミックと樹脂を混ぜ合せ硬度を調整したものなどもあります。

こんな方にオススメ

ジルコニアクラウン

ジルコニアという、人工ダイヤモンドにも使われている材料で製作します。
材料費が高いなどのデメリットがありますが、メリットとしては、金属アレルギー、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色が少なく、強度的にも優れているため、奥歯やブリッジに使用することができます。
また、審美的には、極めて変色しにくく、健康的な白い歯で、天然歯の様な輝きを保ちます。

image1image2
   術前                                    術後     

オールセラミッククラウン

通常金属で補強するコービング(内側)部分を強化セラミックで製作し、さらにその上にセラミックを築盛し製作します。
金属を一切使わないのでより自然な色調が再現できます。
また、長い期間の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで、天然歯のような美しさを保ちます。

メタルボンド

コーピング(内側)部分をメッキの技術の応用により専用の金属で製作し、その上からセラミックを築盛し製作します。
金属の部分はフィット(適合)にすぐれ、支台歯(土台)との境目からの2次カリエス(虫歯)の心配も少ないです。
また、気になる歯茎の黒ずみもでにくく、明るく仕上げることができます。

image1image2
    術前                                   術後       

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとプラスチックを混合した材料で製作します。
セラミックに比べ、色調は多少劣り、経年的に変色しますが、メリットとしては、セラミックインレーよりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいです。審美的には、セラミックに比べるとやや劣りますが強度的には優れています。

image1image2
術前                                   術後   

金歯

ゴールドで製作します。
フィット(適合)にすぐれ天然歯と近い硬さで、対合歯(噛み合う歯)をいためません。
生体親和性にすぐれていますので体に優しく、また歯茎との境目が黒くなりにくいのが特徴です。

硬質レジン

特殊なプラスチックで製作します。基本的には前から3番目の歯までが硬質レジンの保険適応範囲です。
他の材質と比べると強度的に弱く割れる可能性があり、また年月が経つと色が変わってしまうことがあります。
また、前から4番目、5番目の歯を使用するケースは、通常保険外(自費)治療になります。

オールセラミッククラウン105,000円   
メタルボンド89,250円   
ハイブリッドセラミッククラウン57,750円   
金歯(ゴールドクラウン)57,750円   
硬質レジン前装冠前歯のみ保険適応
奥歯の場合31,500円
※硬質レジン前装冠は、前歯は保険適用できます。奥歯は自費治療となります。
※カードもご利用頂けます。

デンタルローンについて

患者様が月々わずかな負担で、最適な歯科治療が受けられるスマイルライン・デンタルクレジットは、患者さんが手数料負担を心配せずに分割払いが可能な、今までにない歯科治療費専用のクレジットです。(分割払手数料はスマイルライン・ネットワークがご負担いたします。)

※支払回数36回までは分割払い手数料のご負担はありません。42回以上になる場合、3%のご負担となります。
※スマイルライン・デンタルクレジットは加盟歯科医院でのみ、ご利用が可能です。
※スマイルライン・ネットワークとはスマイルライン・サービスにご協力いただいている歯科医院とスマイルライン事務局の総称です。

さらに詳しく知りたい方は、SMILE LINEのホームページをご確認ください。

前歯をセラミックにしようと思っているのですが、耐久性はどうなのですか?また、どのくらいの期間もつのですか?

非常に優れた治療方法だと言えます。
セラミックは極めて硬く耐久性にも優れていますが、それぞれの口の中の条件によってかかる負荷が変わりますので、どのぐらいの期間もつと言うことはできません。
セラミックは歯やファイバーコアと相性が良く、最新の接着剤を用いると極めて強力に接着します。
歯と強固に接着することによって細菌の侵入を防ぎ、歯を虫歯から守ります。
外れる心配もありません。また、ファイバーコアを併用することによって、神経のない歯が割れたり、細菌の侵入により根の先に炎症が起きてくることを防ぎます。
オールセラミックやハイブリッドセラミックは、他の被せものに比較した場合、見た目だけではなく歯を守る意味からも非常に優れた治療方法だと言えます。

セラミックは白くきれいに治療ができると聞いたのですが、口に入れることの安全性は他のかぶせものと比べどうなのでしょか?

セラミックは非常に安定した素材です。
長い年月を経てもセラミックは変質しませんし、アレルギーもありません。
ほとんどの金属は金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

数年前に、前歯を差し歯にしたのですが、歯肉が黒いのと歯肉と差し歯の境目の黒いラインが気になります。これって健康な歯ぐきの色に出来ますか?

自然な歯肉の色を実現できます。
金属を使用する被せものは光を通さない為、被せものの周囲に黒い影ができます。
神経のない歯に金属の土台を入れた場合は内部の金属の影が出て、歯肉が黒く見える場合があります。
金属を使用しない土台(ファイバーコア)を使用し、オールセラミッククラウンを被せることにより、自然な歯肉の色を実現し、歯肉との境目の黒いラインを消すことができます。
本物の歯と見分けがつきません。

以前、前歯はセラミックを使って治療をしてもらい、白くきれいになったのですが、笑った時に奥歯の銀色の被せ物が気になります。奥歯も白くしたいのですが、できるのでしょうか?

奥歯もオールセラミックで治すことができます。

オールセラミックは差し歯とは違い他の歯と比べて自然な仕上がりになると聞いたのですが本当でしょうか?

限りなく近い質感を出すことが可能です。
神経のない歯に金属の土台を入れてその上に被せる治療には保険の治療と保険外(自費)の治療があります。
前歯は保険でも白い歯にすることができます。
保険外のセラミックの歯でも、金属にセラミックを焼き付けたもの(ホーロー鍋や七宝焼きみたいなもの)があります。
保険の白い歯(レジン前装冠)は本物の歯のように半透明の奥の深い色は出せませんし、時間がたつにつれて色が悪くなります。
オールセラミッククラウンは保険の歯や前述の金属にセラミックを焼き付けた歯とは異なり金属をいっさい使いません。歯に限りなく近い質感を出すことが可能です。変色もしません。
お問い合わせ

愛知県名古屋市緑区左京山449

診療時間

休診日:木曜(祝日のある週は診療します)、日曜、祝日
△14:00~17:00