HOME > 歯周病

歯周病

歯周病とは

歯周病のイメージ

歯周病を侮っていてはいけません。

歯周病とは、歯肉が腫れたり、出血するだけではありません。
本当の怖さは、日本人が歯を失うもっとも大きな原因が歯周病なのです。

主な原因は、歯と歯肉に近い部分に付着したプラークの中にいる細菌によって引き起こされる病気といわれています。

「沈黙の病」とも呼ばれていて、痛みなどの自覚症状が無いので、予防を怠りがちになり、進行が進んでしまうことがあります。
しかし、放っておくと全身疾患を引き起こすことにもなる病気なのです。

歯周病を予防するためには、普段の生活から食後にきちんと歯ミガキをすることです。
それでも症状が出てしまった場合は、クリニックで歯周病の治療することが必要です。

また、自覚症状がほとんどなく、日本の成人の約80%が歯周病にかかっているといわれています

歯周病チェック

解説

  1. ・歯ミガキしたときに歯ブラシに血が付いた。
    ・硬いものを噛んだときに食べ物に血が付き、歯茎が出血していた。
    上記のような場合は要注意です。
    歯茎(歯肉)から出血することは、歯周病の典型的な症状です。
  2. 歯茎(歯肉)が腫れる。柔らかくなる。これは歯周病の症状です。
  3. 口臭があるからといって歯周病とは言い切れません。
    ただ以前より口臭がきつくなったような場合は、歯周病や他の病気の可能性があります。
    口臭が気になり始めた方は、一度、歯科医院で相談か治療をさえれることをオススメします。
  4. 歯周病になると、歯を支えている周辺組織が侵され、痛みを感じることもあります。
  5. 歯周病菌が唾液の中に多く含まれているとネバネバします。
    そのような症状がある方は、歯周病の可能性がありますので一度、歯科医院に治療か相談された方が良いです。
  6. 健康的な人の歯茎(歯肉)はピンク色をしていますが、歯周病になると、少しずつ歯茎(歯肉)の色が濃くなってきます。
    まずは赤色が強くなり、さらに症状が進行すると赤紫に変色します。
  7. 歯茎(歯肉)から出血すると歯周病のサインです。
    こちが、さらに進行すると膿が溜まり、ついには痛みが発生することが多いです。
  8. 末期の歯周病になると、歯周組織が侵され、骨、歯根膜などが溶かされて、歯がグラグラになります。
    初期段階ではそれほど歯のぐらつきは感じることができませんが、指で触ってグラグラするような場合は、かなり歯周病が進行している可能性がありますので一刻も早い治療が必要です。

デンタルローンについて

患者様が月々わずかな負担で、最適な歯科治療が受けられるスマイルライン・デンタルクレジットは、患者さんが手数料負担を心配せずに分割払いが可能な、今までにない歯科治療費専用のクレジットです。(分割払手数料はスマイルライン・ネットワークがご負担いたします。)

※支払回数36回までは分割払い手数料のご負担はありません。42回以上になる場合、3%のご負担となります。
※スマイルライン・デンタルクレジットは加盟歯科医院でのみ、ご利用が可能です。
※スマイルライン・ネットワークとはスマイルライン・サービスにご協力いただいている歯科医院とスマイルライン事務局の総称です。

さらに詳しく知りたい方は、SMILE LINEのホームページをご確認ください。

お問い合わせ

愛知県名古屋市緑区左京山449

診療時間

休診日:木曜(祝日のある週は診療します)、日曜、祝日
△14:00~17:00