HOME > 予防歯科

予防歯科

予防歯科・・・歯科医院で行う予防歯科(PMTC)とは

予防歯科・・・歯科医院で行う予防歯科(PMTC)とはのイメージ
P ・・・ プロフェッショナル(専門家) M ・・・ メカニカル(器械) T ・・・ ティース(歯) C ・・・ クリーニング(清掃)

「PMTC」を簡単に説明すると、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを、歯科衛生士が専用機器を用いて、きれいにクリーニングことです。

毎日、どんなにしっかり歯磨きをしていても、磨き残してしまったものです。
それに、PMTCは、そのような磨き残しと、歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケットもキレイに磨き上げて汚れを取り除くことができます。

しかも、PMTCは歯石を取るようなガリガリとした治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれますので、気持ちの良い治療です。

さらに、PMTCは、多くの悪玉菌を取り除く事もでき、虫歯や歯周病の予防につながる治療です。
左京山歯科クリニックでは、3ヵ月に1度のPMTCをオススメしています。

フッ素塗布

フッ素塗布のイメージ

歯科衛生士が、専用の機器と、フッ素配合の専用のジェルを使って歯を磨きます。

フッ素塗布のイメージ

さらに、歯質を強化するフッ素を塗布します。
※専用のジェル(フッ素配合)を使って歯と歯の間や表面を1本ずつ丁寧に磨きます。

フッ素塗布とは

フッ素塗布とは、歯科医院で歯に高濃度のフッ素を塗布する方法です。
虫歯予防に効果的ですが、あくまでも虫歯予防という認識もお持ち頂きたいです。
また、十分な効果を得るためには、1年3~4回塗布を行う必要があります。

フッ素塗布について

フッ素は、歯に塗布する事で、歯質を強化し、虫歯になりにくくする薬です
虫歯予防のためのフッ素は、歯科医院で行うフッ素塗布の他、ご家庭で行うフッ素入りの歯磨き材の使用やフッ素洗口などがあります。

これらを併用することによって、フッ素による虫歯予防の効果がより期待できるようになります。
しかし、フッ素を塗布したからといって完全に虫歯にならないわけではなく、
毎日の歯ブラシをしっかり行うことと、糸ようじの使用などをオススメします。

お守り頂きたいこと

フッ素塗布後、約30分は何も食べず、うがいもしないで下さい。効果が減少します。

また、フッ素を塗布しても、歯磨きを十分に行わないと効果は充分に発揮されません。
ご家庭で、しっかり歯磨きをしましょう。

フッ素は年に3~4回、定期的に塗布することによって最大限の効果を期待できます。
特に生え出したばかりの歯や歯肉が下がって露出した歯根面に有効です。
定期検診と合わせて、ご来院されることがオススメです。

3DSとは

3DSとはのイメージ

3DSとは、Dental Drug Delivery System(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)の略称で、むし歯菌(ミュータンス菌)を除去するために、薬の働きを最大限に発揮するように工夫された投与方法のことです。

専門的な技術と器具を使用して、歯面の清掃処理をして、完全にバイオフィルムを除去した後、歯列にしっかりあうトレーを用いて薬を一定時間、歯面にのみ塗布することができるのです。

それにより、お口の中がさっぱりし、口臭も防げるというメリットもあります。
また、通常のブラッシングを続けているだけで、むし歯菌の少ない状態が長期間維持することができます。
また、3DSの効果の継続期間は、4~6ヶ月といわれています。

予防歯科への思い

各国の歯科定期健診&クリーニング受診者の割合

虫歯、歯周病は毎日歯をみがけば予防できると思われていますが、日本の80歳の方が平均的に残している歯の本数が約7本というデータからも、ご家庭での歯みがきだけでは限界があります。
それは病原菌である虫歯菌や歯周病菌がお互いに連鎖し合ってバイオフィルムとなるからです。
このバイオフィルムは歯みがきでは落ちません

定期的にプロのスタッフ(歯科衛生士)が機械的に取り除くことにより、虫歯や歯周病を予防することができます。
プロの技術は、隅々まで痛みなく、歯の表面を傷付けずに清掃することができます

痛くなってから慌てて歯科にくるのではなく、痛くなる前、ひどくなる前から一緒に予防していきませんか?
ギリギリまで我慢するのは、歯にとって本当によくないことです。
ずっと自分の歯で過ごしたい。と思うならば予防歯科は欠かすことの出来ない大切な治療です。

日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数は、日本人の2倍以上(21本)で自分の歯で生活できる方が多くおられます。
それは、スウェーデンのみなさんは常に予防歯科を受けて歯を大切にしており、歯医者は治療のためでなく、歯の汚れを除去したり、歯や歯ぐきの健康チェックと予防メインテナンスの為に歯医者に行くのが普通と考えているからです。
これはアメリカやヨーロッパ各国も同じです。

一方、右上のグラフを見ているとわかるように、日本人のメインテナンス率はわずか2%です。
自分ではきれいに磨けない歯は、プロの手にゆだねて定期的にしっかりときれいに磨いてもらいましょう。
ケアに対する違いが、同じ長寿国でもしっかりとした歯を持ち続けるスウェーデンの人たちと、私たち日本人との大きな差になって現れています。

下記の図は、歯の本数と、日本人の歯の平均寿命を表したものです。

日本人の歯の平均寿命

自分や家族の歯の寿命を延ばすには・・?
まずは自分の歯の本数、虫歯のリスク、歯周病の状態を正しく知ることから始まります。
そして積極的に定期健診(リスクチェック)、歯石取り(除菌・予防処置)を楽しく行っていくことです。

左京山歯科クリニックでは8020運動を推進しております。
生涯自分の歯で過ごす為にも、しっかりとした予防歯科を受けられることをお勧めいたしております。

※8020運動とは、80歳になった時に自分自身の天然歯が20本残ることを目指す運動です。

お問い合わせ

愛知県名古屋市緑区左京山449

診療時間

休診日:木曜(祝日のある週は診療します)、日曜、祝日
△14:00~17:00